Kotodamart Planning Groups

テの法則

このページでは、テの言霊の法則を紹介します。

*右と左を兼ね備えた言霊

テの言霊には、六つの法則があります。その一番目は、「右左也」。火水の灵ですから、火は、火が垂れると書いて火垂(ヒタリ)、水は、水の気をあらわす水気(ミキ)で、それら両方を備えているのです。人の手でも足でも、左右一対で満足な働きをします。ウテ(腕)は、「ウ」が起言、テが「右左」で、左右あるものは、足だろうが手だろうが、みんなテなのだと面白いことが『水穂伝』には書かれています。

テの音の六つの法則

*人を「読み手」「買い手」などと云う訳は

ところで、右左ということは、右はあくまで右、左はずっと左と、静的に考えられているのではなくて、右から左、左から右へと動くんですね。 いわばリバーシブルに切り替えが利くというわけです。 そこから三番目の法則である「風」がでてきます。天の水の気と地の火の気が動くから風が起こるわけです。 それから、なぜ「人」かというと、天地のあいだにあって、水と火のそれぞれの気が交わることではじめて人が生まれるからなんですね。

Copyright (C) Kotodamart Planning Groups by Kikakunosouko. All rights reserved.