Kotodamart Planning Groups

粂潤一(くめじゅんいち)プロフィール

田中重光 素朴画 画像 粂潤一(くめじゅんいち)。1960年横浜に生まれ育つ。高校教員、予備校講師、業界誌記者を経て、フリーランスのライター、作家に。20代から30代にかけて瞑想に親しみ、1990年頃より言霊学をライフワークに。鎌倉・逗子・葉山を生活圏にし、短歌や小説を創る。共生とオルタナティブなお金をテーマとした地域通貨運動に参加したことから、未来ビジョンを描いた『サラベポポと魔法のコイン』(さんが出版,02年2月刊)が生まれる。その後、NPO「畑と田んぼ環境再生会」に所属し、“農”に関心をもつようになる。 最近は医療ライターとしての取材活動など。『週刊金曜日』(2009年10月23日号)に<「池子の森」に米軍住宅建設が強行か>の記事が掲載に。環境問題、精神世界、オーガニック生活、代替医療、統合医療、平和、未来ビジョンなどのテーマに広く関心をもち、「いのち」の観点から、日本の神道のルーツをなす「太占(ふとまに)」と「言霊」を研究、紹介する。

Copyright (C) Kotodamart Planning Groups by Kikakunosouko. All rights reserved.