KOTOTAMART Planning Groups

KOTOTAMART[コトダマート] コトダマ(言霊)は暮らしのアートKOTOTAMART[コトダマート]

このページでは、コトダマートへの取り組みや商品のラインナップを紹介します

7月にホームページ変更のお知らせをしましたが、再びコトダマート(KOTODAMART)で行くことにしました。「言霊」は、清音(タ)ではなく、もともとの濁音(ダ)で 行くということです。変更につぐ変更で恐縮ですが、よろしくご了承ください。(10月1日 更新)

明けましておめでとうございます。長らく更新できていませんでしたが、また宜しくお願いします。お休みにしていた「言霊夜話」をリニューアルスタートしました。 上のカテゴリーメニューの「ブログ&作品」のプルダウンメニューから「新言霊夜話」をクリックするとご覧になれます。(1月2日 更新)

『コトダマの国から』に「初詣の願いを祈りに」のイベントのご案内を掲載しました。(2011年12月6日 更新)

「今、個として考えることの大切さ」をblog『ホワイトスピリットの光』にアップしました。(2011年10月27日 更新)

『幸せを運ぶ言霊』シリーズ四回目の「可能性という言霊」をアップしました。 (2011年10月26日 更新)

blog『コトダマの国から』に『Cold fusion 太陽がくれた知恵-常温核融合の言霊的解明―サヨナラ原発』第9回をアップしました。 (2011年10月12日 更新)

『幸せを運ぶ言霊』シリーズ三回目の「広がりという言霊」をアップしました。上の「ブログ&作品」のプルダウンメニュー「祈りと言霊」から行けます。(10月10日 更新)

真実を語るというテーマで、blog『ホワイトスピリットの光』に「原発のない文明を―今こそ神智学の叡智を生かす時 (5)  」をアップしましたので、お知らせします。 原発事故以降、空々しい言葉が飛び交う今だからこそ、言霊の力が発揮される好機です。 「神智学」を紹介する同ブログ『ホワイトスピリットの光』では、アストラル体やメンタル体への理解を深めつつ想念感情とのつきあいかたについて学びます。
「原発のない文明を―今こそ神智学の叡智を生かす時」5回シリーズ
(2011年10月1日 更新)

『幸せを運ぶ言霊』シリーズ二回目の「知恵という言霊」をアップしました。(2011年9月28日 更新)

『幸せを運ぶ言霊』シリーズを本日から開始します。このシリーズは「祈りと言霊」と並ぶカテゴリーメニューに属し、 否定的な言葉を使わないことにより、地球世界の想念波動を光明化し次元上昇させてゆくため、光明のバイブレーション を放つ言葉(7×7=49を予定)について、その言霊的な法則を解き明かし、究明してゆく試みです。第一回は「愛」にな ります。
台風が凄まじいエネルギーで東海と関東を通って、現在は東北を通過中です。こうした大自然の行う波動調整 は一見、不可抗力であるかに見えますが、私たち一人ひとりの想いと発する言霊をより調和した、肯定的なものにして ゆくことで、じつは大難から小難に変えることができるのです。
「世界人類が平和でありますように/日本が平和でありま すように/東北地方が平和でありますように/東北地方の方々の天命が完うされますように」「天象を司る神々様、ありがと うございます」(2011年9月21日 更新)

『神社めぐり(1)三浦半島次元上昇編』の写真のアップがすべて完了しました。
台風による水害に遭って大変な熊野地方へのお祈りをさせていただいています。「祈りの言霊」はつぎのとおりです。よろしくお願いします。 「世界人類が平和でありますように/日本が平和でありますように/熊野地方が平和でありますように/熊野地方の方々の天命が完うされますように」 (2011年9月17日 更新)

『神社めぐり(1)三浦半島編』のタイトル一部を「三浦半島次元上昇編」と変え、写真は七社目の 山王権現までがアップ完了しました。「『ピースレター』に初出」という点も連載時期も含め詳し く追記しました。上の「ブログ&作品」のプルダウンメニューからどうぞ。(2011年9月15日 更新)

「祈りと言霊」のシリーズで、『神社めぐり(1)三浦半島編』をアップしました。 写真を順次アップしてまいりますので、よろしくお願いいたします。(2011年9月11日 更新)

「祈りと言霊」をアップしました。上の「ブログ&作品」のプルダウンメニューからどうぞ。今回、新設しました カテゴリーは今後、シリーズ化し、祈りの体験、神社めぐり記などをアップしてまいりますので、お楽しみに!(9月8日更新)

「言霊夜話」第十一話をアップしました。上の「ブログ&作品」のプルダウンメニューからどうぞ。(9月3日更新)

5月14日に専修大学で行った講義の中で取り上げたテーマ『言霊と日本人の自然観』―江戸時代の言霊学に学ぶ 氣の回りに従う生き方― に関連の深い内容は、blog『コトダマの国から』の中のつぎのページに反映されています。
「言霊が教える天変地異との上手なつきあい方」 (2011年9月3日更新)

古代日本人のもたらした遺産

言霊は、古代日本人と神とのあいだに交感があったことをうかがわせる、日本人にとっての みならず、人類にとっても貴重な遺産です。そこには現代の言語の常識とは、まったく異なるものがありました。

宇宙の法則にのった音の響き

言霊は、もともと文字も書物もない我が国の大昔に、宇宙に鳴り響いていた音がもとになっています。 そこには、とてもシンプルな法則が反映されています。それは水と火、陰と陽が、互いにその性質をおよ ぼしあって、さまざまな形やはたらきを現すというものです。一言でいえば、調和の法則です。

日本語への感覚を高める

言霊の法則を知ることで、私たちは、日常なにげなく使っている日本語の働きに敏感にならずにはいら れなくなり、祖先から受け継いできた日本語の底にいまもなお流れる叡智と美とをいたるところに発見す るようになることでしょう。

言霊には悪いものはいっさいない

言霊を知ることは、人間の生き方を問い直すことにつながります。私たちを取り巻く天地や 自然が調和に充ちていて、真に安心してもよい環境であることがわかってくるからです。それら を映し出す言霊自体には本来、悪い意味もネガティブな作用もありません。心の用い方によっ て禍(わざわい)を生むだけなので、天地の心を知り、それに随(したが)って正しく言霊の妙用を 行えば、誰しもが幸せになれるのです。

KOTOTAMARTへの誘い

コトダマート。それはアセンション(次元上昇)する地球のこの時期にふさわしい新たなコンセプトです。 太古の叡智のルーツとつながりながら、未来を創造するコトダマ(言霊)のアート。宇宙法則の反映されたコトダマにより、 毎日使う日本語を慈しみつつ暮らしや人生をデザインするクリエイティブライフの地平が、あなたの眼前に現れ てくるはずです。さあ、かぎりなくひろがるコトダマートの世界へご案内しましょう。

Copyright (C) KOTOTAMART Planning Groups by Kikakunosouko. All rights reserved.